離婚・慰謝料

DIVORCE

離婚・慰謝料のご相談・サポートは専門の弁護士へ

離婚・慰謝料について

離婚問題・慰謝料請求を
弁護士法人キャストグローバル横浜オフィスに相談する理由

弁護士法人キャストグローバル横浜オフィスは離婚に関する問題を早期解決に導くとともに、親切・丁寧な対応を心がけております。
離婚問題長期化を防ぎ、依頼者の精神的ストレスを緩和いたします。

離婚問題を早期に解決し新生活を気持ちよくスタートできる

離婚問題は早期解決が肝になります。離婚問題の場合、解決するまで時間がかかり離婚が先延ばしになってしまったり、時間が経つことで財産や証拠を隠し合ったりすることも起こりかねません。

弁護士法人キャストグローバル横浜オフィスでは、的確なアドバイスや交渉によって話し合いを円滑に進め、離婚問題の早期解決を目指します。

離婚問題に区切りをつけ、新たな生活をスタートするお手伝いを致します。

相談経験豊富な離婚問題のプロから徹底的にアドバイスが受けられる

「相手の不倫が発覚した」「離婚を突き付けられた」など突然の出来事に不安を感じているかもしれません。人生でほとんど経験したことがない出来事に、何をどう動けばよいかもわからない状況になることも考えられます。

弁護士法人キャストグローバル横浜オフィスでは、離婚問題に詳しい経験豊富な弁護士が依頼者と目線を合わせて問題解決に導きます。

離婚問題についての基礎知識

離婚問題、離婚の慰謝料について弁護士に相談する前に押さえておきたい項目を詳しく解説します。

離婚の慰謝料が認められるケースと費用相場

離婚の慰謝料が認められるケースは多様なものの、ある程度限られています。慰謝料を請求できるケースに絞って解説します。

不貞行為

不貞行為は最も多いケースです。相場は100〜500万円。ただし、飲食店、性風俗の接待は慰謝料請求ができません。 
不貞行為の実証には証拠集めが何よりも大切です。弁護士に相談することで法的効力をもった証拠を揃えられます。

DVを含めた心身の暴力行為

相場は50〜500万円で、実際の治療費に精神的苦痛を上乗せした費用が慰謝料の構成です。暴力行為には殴る蹴る叩くといった身体的障害を伴う行為が該当します。
加えて、怒号、無視、侮辱行為のような人権侵害、人格否定も心理的ダメージを受けているため慰謝料が請求できます。

経済的圧迫

それほど高額ではありませんが、経済的圧迫により与えられた精神的苦痛を上乗せした費用を請求できます。
経済的圧迫には、たとえば、生活費を渡さない、退職に追い込む等が挙げられます。

離婚手続きの分類

離婚の手続きは、4つに分類されます。まずは話し合いによる協議離婚での離婚成立を目指しますが、話がまとまらなければ調停離婚、裁判離婚へと移行します。協議離婚、調停離婚、裁判離婚と移行するにつれて、一つの手続きにかかる時間と金銭的コストが増えます。

協議離婚

協議離婚とは夫婦が話し合いをして同意のもと離婚する方法です。
離婚届を役所に提出することをもって離婚が成立となります。
協議離婚は裁判所や親族などの関与を受けることなく夫婦の話し合いで進めるため、いつまでに結論を出さなければならないといった決められたスケジュールがありませんが、長引いてしまわないように夫婦にあった計画の作成が必要です。 

離婚の大半は協議離婚ですが、曖昧に約束してしまったことによる離婚後の金銭トラブルも多発しています。

対策としては「強制執行認諾文言付公正証書」で合意した離婚条件を書面化することをおすすめします。
債務不履行の場合には強制執行を受けても異議はないという内容の書面です。強制執行認諾文言付公正証書を作成しておけば、裁判をしなくても債権者は強制執行が可能です。

調停離婚

調停離婚は、協議離婚が決裂する、すなわち当事者間で解決できない場合の手段です。調停委員が選任され、相手方の居住地の家庭裁判所で申立します。

調停離婚で話がまとまらなかった場合は、裁判手続きをすることになります。

裁判離婚

原則、調停で話がまとまらなかった場合の手段で、調停を先に行わなければ、離婚の裁判をすることはできません。
短くても半年年程度はかかります。裁判離婚は民法で定められた離婚事由があるかどうかにより判断されることになります。離婚について同意がある場合には、離婚条件について争うことになります。

  • 配偶者に不貞な行為があったとき
  • 配偶者から悪意で遺棄されたとき
  • 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
  • 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
  • その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき

離婚についてよくあるトラブル、事例

離婚問題について多く存在する事例を説明します。もちろん、離婚問題は個々によって複雑です。
何よりもまずは大枠のトラブル、事例を踏まえることで事前に問題を認識しておくことをおすすめします。

離婚を拒否され話がまとまらない

離婚の話し合いを試みても接触や連絡に応じない場合があります。
例えば、急に家から出て実家へ帰る、そもそも別居、単身赴任で直接の話し合いが難しいといった事例です。

一方がそもそも離婚をしたくないから、離婚に同意できないという状況もあります。
さらに、モラハラを機に離婚を宣言するも証拠を隠されてしまい慰謝料が請求できなかったというケースも。

できれば離婚を切り出す前にあらかじめ弁護士に相談することをおすすめします。
もちろん、既に離婚を言い渡した後でも、弁護士に相談して、正当な権利を主張することは十分に可能です。

財産分与の話し合いで揉める

離婚の際は、2人の財産をどの様に分配するかが焦点です。ただし、慎重に進めないと、相手が財産を隠してしまうリスクも考えられます。
離婚した当時は半分ということで承諾したのに、実は別口座に貯蓄や資産が存在し本来分配されるべきだった正当な財産分与がなされなかったという事例もあります。

さらに、家を譲ってもらったつもりが蓋を開けてみればローンが残っていて、離婚後に払い続けなければならなかったという問題も起こっています。
加えて、自営業を営んでいたり、投資をしたりしている場合は、事業者の権利や株式、不動産の配分も紛争の種です。

離婚後、養育費を払ってくれない

離婚後に約束した養育費を払わないというトラブルもあります。親権がなくても養育費を支払うことは親の義務です。裁判所に申し立てれば強制執行による差押えも可能になります。

離婚当時の約束を曖昧にしていたことや、法的効力の弱い取り決めによるものが原因だと考えられます。
あらかじめ弁護士に相談すれば、離婚の話し合いで気をつけるべきことを知った上で進められるのでトラブルを未然に防げます。

離婚問題を弁護士に相談するメリット

話し合いを円滑になる、金銭面での負担が減るメリットが伴う、そして親権獲得や調停の際に弁護士が支えとなるなど、
離婚問題について弁護士に相談する3つのメリットを解説します。

弁護士に一任することで
離婚の話し合いが円滑になる

離婚問題は依頼者が一時的に鬱になる場合もあるほど心理的な負担がかかります。
弁護士という第三者が介入することで、より客観的視点から離婚問題が解決できます。

相手方と会うことに精神的なストレスを感じる場合、弁護士が依頼者の代理として話し合いをするので、相手方と直接顔を合わせることなく離婚の手続きを進められます。

弁護士の助言で
財産分与、慰謝料の増額、減額が期待できる

慰謝料を請求する側については、DVや不倫が離婚原因の場合、弁護士に相談することで、証拠の集め方について詳しくアドバイスをもらいながら、より確実に慰謝料を請求できます。

慰謝料を請求される側についても、弁護士が対応することで慰謝料を減額できる方法を提案します。

上手くいけば、円満離婚で精神的にも経済的に安心した生活を再開できます。

親権の獲得、離婚調停の申立にも
弁護士が大きな支えとなる

子どもを連れ去られたら弁護士を通じて「子の引き渡し」等の措置が可能です。
加えて、調停申立書の作成、裁判所とのやり取りといった諸々の面倒な手続き関係を一任できます。
しかも、弁護士が依頼者に調停室まで同行し代理で意見を述べられるので、自分でうまく説明、主張できなくても問題ありません。

離婚問題を相談するなら弁護士法人キャストグローバル横浜オフィスへ

離婚問題のポイントは自分の意思を明確にすること、そして、明確な意思に伴う準備です。
事前の記録や証拠集め、離婚の条件を整理しなければなりません。しかし、離婚問題においては精神的負担が大きくなる以上、細かな準備が当事者だけでは極めて困難と言えます。
弁護士法人キャストグローバル横浜オフィスでは多数の実績、経験を持つ弁護士が在籍しているので法的に有効な証拠を集めるためのアドバイスをさせていただきながら、問題点や条件を整理することで滞りなく離婚問題を解決に導けます。是非私たちにお任せください。

弁護士法人キャストグローバル横浜オフィスでは、平日も土曜も営業し、さらに夜19時まで、プライベートや用事を気にせずご相談いただける時間体制を整えております。

離婚・慰謝料について、もっと詳しく知りたい方は

離婚・慰謝料問題解決サポート