慰謝料請求問題は弁護士法人 キャストグローバルにお任せください

キャストグローバル

慰謝料請求サポート

浮気の証拠の取り方

パートナーに浮気をされた時、慰謝料を請求したいと考えても証拠がなければ慰謝料の請求が失敗してしまう可能性があります。
自分なりに証拠になりそうなものを集めても、認められないと判断されてしまえば終了でしょう。
不倫が事実であったことを認めさせ、慰謝料をきっちりと貰うためにも、浮気の証拠となるものや証拠の取り方を理解する必要があります。
どんなものが証拠になるか分からない、確実に慰謝料を受け取りたいとお考えであれば、参考にしてください。

慰謝料を請求するなら「不倫」であることが重要

浮気と不倫は意味が違うことをご存じですか?
一般的に、浮気は配偶者ではない人物と恋愛関係になることを言います。
行為の内容としては、恋人が行うような行為全般でデートなどが挙げられます。
夫婦だけではなく恋人同士の間でも浮気という言葉が使用されます。
一方、不倫は夫婦間のみでしか使用されない言葉です。
不倫は、配偶者ではない人物と肉体関係になることを指し、「不貞行為」と呼ばれます。
この不貞行為でしか法律上慰謝料請求や離婚請求が認められないため、慰謝料を請求したいのであれば不倫であることが重要となります。

不倫の証拠となるものとは?

では、実際に不倫の証拠となるものをご紹介していきましょう。

写真

不倫している証拠として広く知られているのが写真でしょう。
しかし、ただ単にデートをしている様子が写っている写真では浮気の証拠となるだけで不倫をしているとは言い切れません。
浮気の証拠であれば離婚の材料とはなりますが、慰謝料請求のための証拠とは判断されにくいので注意が必要です。
不倫の証拠として判断される写真の特徴としては、

  • 2人きりで行った旅行写真
  • ラブホテルや自宅に出入りしていることが分かる写真
  • 性行為中の写真
  • 性行為をしていたことが予想できる寝具上での寝顔写真
  • 一夜を過ごしたことが分かる自宅やホテルでの写真

などとなります。
ただし、撮影日時が分かり、自宅やホテルに行った際には入る際と出る際の2つの写真があることが重要です。
複数回写真が撮られていると信憑性もアップします。

クレジットカードの明細

クレジットカードを使用しているなら、その明細やレシートも証拠の一部となります。

  • 不倫相手と一緒に泊まったホテルの利用明細
  • 不倫相手の自宅近くにあるコンビニやレストランのレシート
  • ホテル街にあるお店のレシート

などとなります。
繰り返し利用していた形跡があれば、不倫が続いている証拠となり、お店で買ったものの中に避妊具や性行為で使用するグッズなどを購入した形跡が分かることが記載されていれば、証拠と認められやすくなります。

音声データや録画データ

不倫した証拠が映像や音声で残されていれば、証拠として価値が高いと言えます。

  • 不倫相手との電話を録音したデータ
  • 不倫相手と一緒にホテルから出てくる動画
  • 一緒に旅行を楽しんでいる動画
  • 会話で不倫をしたことを認めている動画や音声データ

などとなります。
ただし、盗聴や盗撮といった違法性のある証拠は危険です。
裁判では証拠として認められるケースもありますが、違法性があることだけでは理解しておきましょう。
また、不倫をしていることが分かる音声や動画であることが重要です。

メールやLINE

メールやLINEは不倫の証拠として提出されることが多い証拠のひとつです。

  • 不倫相手に送ったメール
  • 不倫相手が配偶者に送ったメール
  • 手紙や年賀状
  • 不倫相手との会話を楽しんでいるLINE

メールやLINEは、スクリーンショットで撮影を試みようと考える人もいるでしょうが、スクリーンショットは加工が疑われるので偽造と判断される場合もあります。
そのため画面を撮影した写真を用意すると良いでしょう。
送受信の日時が残っていることも大切です。

SNS

SNSを利用している人は多くいます。
TwitterやInstagram、Facebookなど、様々な種類がありますが、DMで会話を楽しんでいる内容も不倫の証拠となるので残しておきましょう。
ただし、肉体関係があったことを証明できる内容であることが大切です。
複数回に渡ってDMを送り合っていることが分かることも重要なので、集める際には注意しましょう。

SuicaやPASMOの利用履歴

利用履歴単体だけでは証拠の判断材料としては薄いですが、その他の証拠と合わせて集めておくと不倫の証拠として扱われやすいです。
電車を利用して不倫相手の自宅に通っているのなら、券売機の履歴表示で利用した状況を確認できます。
印刷も可能なので、疑わしい内容があれば印刷しましょう。
また、自動車でのETCの利用履歴も不倫の証拠となります。
不倫相手と旅行に行った際に高速道路を利用していれば、行きと帰りに使ったことが分かり、旅館やホテルでの写真や動画と一緒に提出することで、逃れられない材料となります。

この他にも、手紙や日記、GPSも不倫の証拠となりやすいです。

証拠の集め方

不倫したことを証明するため、証拠を集める方法としては自分で集めるだけではなく、興信所や探偵に依頼することも可能です。
自分で集める場合、費用をかけずに集められるメリットがあります。
上記で紹介した証拠をできるだけ多く集め、単発ではなく継続的に集めることが重要です。
自分で集めることに不安があれば、興信所や探偵に依頼しましょう。
証拠集めをしていることがバレにくく、証拠として認められやすいものを集めてくれる利点があります。
確実な証拠を集めたいのであれば利用をおすすめします。

まとめ

不倫をしていることを認めさせ、慰謝料を請求するためにも証拠集めが大切です。
探偵以外にも弁護士は弁護士紹介制度を活用して証拠となるものを集める権利も持っています。
電話の履歴に残っている電話番号が不倫相手かどうかも調べることができ、海外旅行に行った形跡があれば出入国の記録も調べられます。
探偵にどういった証拠を集めてきてほしいか指定することもでき、弁護士に依頼することも証拠集めには有効です。
慰謝料請求を成功させるためにも、利用を検討してみましょう。

弁護士との電話相談も可能です!

基本電話相談無料

要予約

無料電話相談のご予約はこちらから。ホームページを見たとお伝えください

フリーアクセス

0120-001-694

         

受付時間:月曜~土曜 10:00〜19:00

         

定休日:日曜・祝日

弁護士による電話相談無料  メールでのお問い合わせ

24時間 365日受付中