慰謝料請求問題は弁護士法人 キャストグローバルにお任せください

キャストグローバル

慰謝料請求サポート

よくあるご質問(FAQ)

パートナーの不倫が発覚した場合、不倫によって受けた精神的苦痛に対しての慰謝料を請求できます。
慰謝料を請求したい場合、法律に詳しくない人にとっては疑問に思う点も多いでしょう。
今回は、不倫に対して慰謝料を請求する場合によくあるご質問をピックアップしてご紹介していきます。
慰謝料請求について多くの方が気になる点を挙げていくので、ぜひ参考にしてみてください。

慰謝料を請求したときのよくある質問

慰謝料を請求した時や請求に際した書類などで分からないことが多いでしょう。
よくある質問とその答えをまとめたのでご紹介します。

慰謝料請求のために裁判をするメリットは?

不倫の慰謝料請求を行う場合、始めから裁判を起こすのは稀です。
ほとんどの場合、最初は内容証明郵便を送ったり、調停を行ったりして相手と話し合い、納得の上で慰謝料を支払ってもらいます。
しかし、中には話し合いで納得してもらうのが困難なケースも少なくありません。
相手との話し合いや交渉や決裂した場合、裁判を起こして慰謝料請求を行うのが妥当な手段です。
裁判の判決には法的な拘束力があるため、きちんと慰謝料を支払ってもらえるケースが多いです。
交渉を経ても相手が適正な金額の慰謝料を支払ってくれない、感情的な対立が深まっているなどの場合は、裁判に踏み切るのがおすすめです。

慰謝料請求の相場金額は?

請求する慰謝料の金額は人によって大きく異なりますが50~300万円程度で請求する人が多いです。
不倫が発覚したけれど離婚や別居をせず、そのまま婚姻関係を続ける場合、慰謝料請求の相場は50~100万円程度です。
不倫によって離婚に至らずとも別居に至った場合、100~200万円程度が相場になります。
不倫が離婚の直接的な原因になった場合は、200~300万円程度の請求が多いです。
ただし、不倫がきっかけで離婚した場合でも、もともと夫婦関係が良好でなかった場合は、不倫が直接的な原因とはならないため請求金額は相場より少なくなります。
また、不倫の悪質性や期間、夫婦間に子どもがいるかどうかなども金額決定に影響します。

不倫相手に経済力がない場合、慰謝料を支払ってもらうことはできますか?

慰謝料とは、パートナーの不倫によって受けた精神的苦痛や被害に対する損害賠償です。
不倫や不貞行為は法律違反にあたるため、慰謝料を請求された人は必ず支払いによって償う義務があります。
ただし、不倫相手に経済力がなく、一括で支払いができないというケースもあります。
その際には、現実的な支払い方法として、分割払いを選んでもらう必要があります。
不倫相手から分割による支払いをしてもらうためには、相手の合意を得なければなりません。
慰謝料の請求金額や相手の収入を鑑みて支払いが長期間にわたりそうなケースでは、公的証書の作成をおすすめしています。
公的証書を作成すると、分割による不払い時の債権回収がスムーズに行えます。

弁護士に依頼するメリットは?

慰謝料請求は、弁護士に依頼せずに個人で行うのも可能です。
ただし、相手から適正な金額の慰謝料を支払ってもらいたい場合、法的な知識があるプロの方が有利に交渉を進められます。
示談交渉や書類作成といった事務作業も、法律の知識や経験があまりないと非常に煩雑で時間や手間がかかります。
弁護士に依頼すればそういった手続きもすべて任せられるため、ストレスなく請求が可能です。
他にも大きなメリットとしては、弁護士に依頼すると不倫相手と直接連絡を取ったり、交渉を行ったりしなくて良い点が挙げられます。
不倫の精神的苦痛でパートナーや不倫相手と直接話し合いをしたくない方は、弁護士に依頼するのがおすすめです。

不倫相手の連絡先が分からない場合、慰謝料は請求できますか?

慰謝料を請求するにはまず相手と連絡を取る必要があるため、連絡先の入手は必須条件です。
ただし、 住所が見つけられなくても、相手の勤務先や電話番号、メールアドレスなどの情報が分かれば、そこから住所を割り出せるケースもあります。
弁護士に依頼した場合は「戸籍や住民票の職務上請求」や「弁護士会照会」といった手段が使えるので、住所を調べられないか相談してみましょう。
電話番号やメールアドレスなどの情報を何も持っていない場合は、弁護士に相談する前に自力で調べるか、探偵事務所などに依頼して調査してもらうのもおすすめです。
情報が足りなすぎる状態だと、弁護士に依頼しても断られてしまうケースもあるので注意してください。

裁判にかかる期間はどれくらいでしょうか?

裁判で慰謝料請求を行う場合、最低半年以上はかかるのが一般的です。
長期間にわたる場合は、1年半くらいかかるケースもあります。
裁判は準備のためにも時間が必要で、月に1回程度の頻度でしか行うことができません。
判決までは、ある程度の期間がかかると思った方が良いでしょう。
ただし、判決を下す前に和解が成立すると、途中で裁判が終わることになるため、通常の裁判よりも期間が短くなります。
不倫の状況や裁判の内容などによっても期間は変わるため、弁護士によく相談してみましょう。

どんなものが不倫の証拠になりますか?

不倫の慰謝料請求においては、証拠を揃えておくと有利に進められます。
一般的に、メールやLINEなどのやり取りや不倫相手との会話を録音したデータ、一緒に写っている写真や動画などが、有力な証拠として挙げられます。
特に、明らかに不倫・不貞行為があったと客観的に認められるようなデータは有効です。
具体的には、パートナーが不倫相手と一緒にラブホテルに入って行く写真や、不貞行為を匂わせるようなLINEのやり取りなどです。

ただし、決定的なデータがなかったとしても、スマホの着信履歴に不倫相手の名前が多く残っていたり、自宅で不倫相手の私物が見つかったりなど、他の様々な要素も積み重なれば証拠となり得ます。
疑わしいものは、できるだけ多く集めておくのがおすすめです。

弁護士との電話相談も可能です!

基本電話相談無料

要予約

無料電話相談のご予約はこちらから。ホームページを見たとお伝えください

フリーアクセス

0120-001-694

         

受付時間:月曜~土曜 10:00〜19:00

         

定休日:日曜・祝日

弁護士による電話相談無料  メールでのお問い合わせ

24時間 365日受付中