コラム

家族信託を利用する最適な時期は?

  • 遺産・相続

将来の相続や自分が認知症になった場合などに備えて「家族信託」に関心を寄せておられる方も多いでしょう。
ただ、家族信託は遺言ほどメジャーになっていないため、どのようなタイミングでどうやって利用したら良いのかわからないというご相談も多くお受けしています。
今回は、家族信託を利用する最適な時期がいつなのか、考えてみましょう。

1. 自分が元気で判断能力があるとき

家族信託は、「相続対策」と理解されていることがよくあります。そして、多くの人が「相続対策は、自分がもっと弱ったときにすれば良い」、「それどころか死んだ後のことは自分事ではないので見ないふりをして何もしないでおこう」と考えているものです。
しかし、家族信託は、「本人が元気なとき」にしておく必要があります。
家族信託を利用するときには「何を実現したいのか」「そのために誰にどの財産を信託するか」「どのような方法で管理を任せるか」「最終的な権利帰属者を誰にするか」など、多くのことを決めなければなりません。
このような判断を適切に行うためには、本人(委託者)に充分な判断能力があることが必須です。実際に認知症にかかって判断能力が低下してしまったり、病気になって体力がなくなってしまったりした後では、適切な方法で家族信託の契約を締結することが難しくなってしまいます。

2. 今後の認知症が心配なとき

もしも将来自分が認知症になることが心配なのであれば、家族信託を検討されることをお勧めします。
認知症になってしまったら、財産管理をできなくなるので適切な人に任せる必要があります。しかしそのとき、何の準備もできていなかったら親族が家庭裁判所に成年後見審判を申し立てて、親族や弁護士などが後見人となり、ようやく後見人による財産管理が進められることになります。成年後見制度では、本人の希望通りの管理方法が実施されるかは分かりません。そのときには、すでに本人の判断能力が低下しているからです。自分の望む人に財産管理してもらえるとも限りません。
家族信託を利用すると、あらかじめ自分の望む人に自分の希望する方法で希望する財産を託し、管理してもらえるので大きなメリットがあります。
80歳を超えると認知症の発症リスクが極端に上がると言われています。

3. 管理すべき不動産などの財産があるとき

資産家の方などで管理すべき不動産などの財産がある場合にも家族信託の利用をお勧めします。
自分が年を経てくると、だんだんと体力的にも精神的にも財産の管理や運営が厳しくなってくるものです。不動産や株式などの投資運用も徐々にできなくなってくるでしょう。かといって、財産を手放したくはないというケースもあります。
そのような場合、家族信託を利用して、信頼できる子どもなどに財産を委託し、生前から管理運営を任せてしまえば自分は楽に過ごすことが可能となります。上手に運用してもらえたら、自分が死亡するまでの間にも財産を殖やすことができます。

4. 将来施設入所を考えているとき

将来、自分が弱ったときに介護施設などに入りたいと考えている場合にも家族信託の利用をお勧めします。
施設入所するときには、受けられるサービスを把握して上で入所施設を選びたいものですが、いざ入所が必要な状態になってからでは自分でそういった選択をするのは難しいです。また、そのときにまとまったお金を用意して申込みをしようとしても、自分一人では手続きが難しいこともあるでしょう。
そのようなとき、子どもなどに自宅などの財産を信託しておくと、いざというときには自宅を売却して施設入所の費用を用意してもらうことができます。入所先の施設もあらかじめ決めておけば、希望する施設に入所する手続きをしてもらうことなどが可能となります。

5. 障害のある子どもが心配なとき

障害のあるお子様がいらっしゃるケースでも、家族信託をお勧めします。
お子様に障害がある場合、自分一人の力では生きていくのが難しく、第三者によるサポートが必要な場合があります。お金を残しても本人に適切な管理能力がないので、有効に利用されないケースもあるでしょう。
そのようなとき、家族信託によって信頼できる家族に財産を託し、子どものためにお金を使ってもらうことができます。お金の使途についても信託契約で指定できます。
そのように対処しておけば、自分の死後も継続的に受託者が子どもの財産管理をしてくれるので、きちんとお金が子どものために使われるので安心です。

6. 中長期の資産運用計画があるとき

自己所有の土地を更地にしてマンションを建てて、分譲マンションとして売却する。不動産投資会社に売却しリースバックする。店舗を建築し、賃貸する。など様々な計画があり、その計画が中長期に及ぶ場合です。計画途中で判断能力を失ってしまうと、計画がとん挫し、莫大な損失を出しかねません。

以上のように、家族信託を利用すべきタイミングは人によってさまざまです。どのようなケースにおいても共通するのは「自分に適切な判断能力があり、体力も気力も充実しているとき」である必要があるということです。弱ってしまってからでは適切な家族信託のスキームを作ることが難しくなります。ある程度の資産がある方は、家族信託を含めて検討することは大切です。